山口県で運送業のことなら 行政書士笠井たいよう事務所へ

山口県 運送業許可 行政書士

お問合せ:行政書士笠井たいよう事務所

行政書士笠井たいよう事務所

電話083-920-2151
電話受付:9:00-21:00(土日ok!)

「一般貨物自動車運送事業」 一覧

「事業実績報告書」は7月10日までに提出を

一般貨物自動車運送事業者が法定で提出義務のある書類として 「貨物自動車運送事業実績報告書」があります。   「事業実績報告書」とは? 4月1日から3月31日までの事業に関しての事業内容や輸送 ...

「事業報告書」は事業年度の終了後100日以内に届出が必要

一般貨物自動車運送事業の許可を得て事業をすると 法律で決められた必要な報告書類があります。 毎年提出が必要な届出として「事業報告書」と「事業実績報告書」があります。   「事業報告書」とは? ...

基準が厳しくなります。その4 令和1年11月1日より

一般貨物自動車運送事業の基準が厳しくなります。   事業の休止・廃止届出 これまで、事業の休止・廃止の届出は、30日以内の事後届出でしたが 30日以内の事前届出へと変更になりました。 &nb ...

認可基準が厳しくなります。その3 令和1年11月1日より

一般貨物自動車運送事業の事業計画変更で 「事業規模の拡大」となる変更認可で、新たに「制限されるケース」が追加されました。   どのような事業計画が制限されるか? 事業規模が拡大となる事業計画 ...

許可基準が厳しくなります。その2 令和1年11月1日より

増車、減車が事前届出から認可制に変更になります。 令和1年11月1日より 以下のいずれかに該当する場合には、増減車で認可が必要となりますので これまでのように、当日運輸局へ出向いて当日中に手続き完了と ...

許可基準が厳しくなります。その1 令和1年11月1日より

一般貨物自動車運送事業の各種申請・届出の審査基準が変わります。 令和1年11月1日以降の申請分からの適用となります。 簡単に概要を掲載していきます。 許可の欠格事由に該当する範囲が拡充 運送業の法令違 ...

必要な「報告」

一般貨物自動車運送事業を経営するにあたって 毎年しなければならない報告書があります。   この報告書に関しては、役員の法令試験でも頻出部分なので 重要な報告であることは間違いありません。 & ...

必要な届出

運送業を開始すると様々な帳簿類の記帳が必要となってきます。 運送業には事故がつきものだと言われていますが、 日々のコツコツした業務の中で「輸送の安全を確保」するためのヒントを探していかなければなりませ ...

車体に表示が必要です

緑ナンバーの事業用自動車はよく見ると 車両に会社名が表示されています。 これは、道路運送法と同法施行規則で規定されています。   車両表示について 会社名などの名称 使用者の氏名、名称または ...

運行管理者のしごと

一般貨物自動車運送事業を営む上で必ず必要な資格者「運行管理者」ですが、 どんな業務をするのでしょうか?   運行管理者のしごと 運行管理者は、運送事業者が守るべき運行管理に関する業務を 事業 ...

Scroll Up

Copyright© 山口県 運送業許可 行政書士 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.